これがあれば大丈夫!すぐ仕事を覚えるための自分用マニュアル

ブログ写真 仕事
スポンサーリンク

会社や上司に「メモを取れ」と言われたりしませんか?

仕事ができない、覚えがわるいなど

「わからないことあれば聞いておいで」と言われますが、慣れれば「何回目?」に言い方が変わるんですよね。

社会人なりたての頃の僕は、いつも言われていました(笑)なつかしい。

頑張ってメモを取るがどこに書いたかわからなくなる。

習慣になると大量のメモだけが残る。

そんなお悩みもこれを読めばを解決!

明日からはできる社会人に近づきますよ。

スポンサーリンク

メモの取り方

根本的なお話ですが、メモは手帳やノートに書いてますか?

スマホやタブレットはだめですよ。書く方が覚えられますし、上司の前ではよろしくありませんね。

充電切れとか最悪ですからね。おすすめはノートです。

教えてもらいながらのメモになるので、殴り書きになりやすいですが

メモなんで大丈夫!できれば「いつ・どこで・だれが」ってのは書き込みきましょう。

あとで思い出す時に役立ちますし、教えてもらった人の名前もあれば聞き直すこともできます。

そして、手順としては仕事中にノートへメモ。仕事が終了したら手帳タイプにマニュアル作成という流れです。

最初からまとめて書いてしまうと後で見直してもわかりにくいですからね。

自分用マニュアルの作成

仕事を教えてもらったら、その場で思い浮かぶ質問はしてしまいましょう。

そこから「自分用マニュアル」の作成です。

このマニュアル作成のポイントは2つ。

①作業手順を記入する
②教えてもらった事はその日のうちに

これさえ守れば大丈夫。

①作業手順を記入する

言葉の通りマニュアルなんで作業手順です。

自分専用となるため自分の言葉で書き込みをすることが大切です。

※注:ここでも日付の記入は忘れずに!!

いつ教えてもらったことなのか、教えてもらった手順が変更したらなど

後々のことを考えて対応できるようにしておきましょう。

②教えてもらった事はその日のうちに

できれば休憩中とかでもいいですが、途中やめにならないようにしましょう。

メモを取った日なら殴り書きで書いていたことも思い出せます。

メモをそのままにすると、それはただのメモですからマニュアルにはなりません。

また、その日のうちにやることで復習できます。復習は覚えるための必須項目です。

まとめ

これが習慣になれば仕事を覚えるも苦になりません。

僕は今では覚えが悪くて怒られることがなくなりました。

・メモとマニュアルはわける
・問題解決はその場で解決
・自分用マニュアルで復習

最初は優しく「わからないことあれば聞いてこい」という上司でも

「何回目?」って鋭い眼光でにらまれることはなくなりますよ。

仕事
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~