副業を本業に!?そのリスクは必要ない!!

スポンサーリンク

副業への意識は年々増加しています。

僕、タップも副業へ大きな夢を感じ開始しました。

いずれは本業に・・・なんて思ったことは今のところありません。

ネット上では「副業を本業にする」と決意している方もよく見かけます。

しかし、それには大きなリスクがありますので気をつけて下さい。

・家庭を持っている方
・副業を始める(始めたばかり)
・本業からの転職、独立を考えている方

そんな方々はぜひ一度考えてみて下さい。

スポンサーリンク

副業を始めた理由・目標

副業を始めるときには必ず理由があるはずです。

月にあといくらあれば。生活にゆとりがほしい。など

副業という言葉は生活への+αで開始することがほとんどでしょう。

アルバイトやネットビジネス、株(FX)など

今や個人の稼ぎ方は自由度が高く、誰でも始めやすい時代です。

月にあと5万ほしいから副業しよう。っていう友人も多いです。

稼げるようになったら独立もありかなと目標を持ってやっていくうちに思い始める方もいますね。

給料はメリットで、なくなることはリスク

そもそも副業といっているのになぜ本業をやめてまでやろうとするのでしょうか?

独身・実家暮らしというオプションなら僕もするかもしれませんが、家庭を持つとそうはいきませんよ。

家族を養っていくためにはある程度の固定収入として給料はメリットであり、必要不可欠です。

そのメリットを捨ててまで独立にこだわりリスクをとる必要はないでしょう。

副業を本業にするために

では家庭を持った方が、副業を本業にするためにはどうすればいいのか。

①副業で本業同等の収入を得る
②家族に理解してもらう
③副業を本業にしたあと他のジャンルでも稼ぐ知識をつける

この3つは必要です。

①副業で本業同等の収入を得る

給料を毎月20万もらっているとします。
副業で月に5万しか稼げていない方が、本業をやめると月マイナス-15万です。
これでは生活できません。せめて今もらっている給料くらいは副業で稼いでからにして下さい。

②家族に理解してもらう

独立や起業となると家族は不安ですね。
どんなに毎月稼いでいても言葉の意味が重たく感じるでしょう。
パートナーが不安ならおすすめできませんね。
やるならしっかり理解してもらいましょう。

③副業を本業にしたあと他のジャンルでも稼ぐ知識をつける

まぁこれは本業化したあとでもいいのかもしれませんが、ゆくゆく必要になるでしょう。
同じジャンルで稼いでいくのもなかなか難しいことです。
多方面に取り組めるものを知識として取り入れておいて損はないはずです。

<まとめ>

サラリーマンの給料だけで将来の不安を感じるのはしかたのないことです。

本業だけでなく副業を始めることはいいことだと思います。

しかし、目先のことや夢だけでやっていけないのは

社会人の経験や家庭を持っていれば自然と感じることでしょう。

ですから、覚悟と思い切りだけで走らず

しっかりと今の現状を考えて副業に取り組みましょう。

僕からしたら副業で本業ほど稼げるなら年収は倍なんで、そのままでもいいかなと思いますが。

仕事
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~