新米パパがんばれ!!赤ちゃんが父親にしてくれる[抱っこ編]

ブログ写真 育児
スポンサーリンク

赤ちゃんてめちゃくちゃ可愛いくて、たまらんですね。

今でも3人の僕の子どもたちは世界一「可愛い」です。

しかし、可愛いだけではダメなんですね。

親になるまで実感もなく、わからないことだらけでした。

1人目が産まれたばかりのころなんて

「抱きたいから腕にのせて」なんて助産師さんにお願いしていた自分はアホだなと思います(笑)

しかも抱いてたら一歩も動けませんでしたから完全に役立たず。

妻の手際の良さに圧倒されてました。

そんな僕でわからないことだらけだったけど、今ではできるようになったことが増えました。

きっと、うちの妻がうまくしこんでくれたおかげですね。妻に感謝!!

・これから子どもが産まれてくる方
・新米パパなりたての方
・父親として何したらいいかわからない方

そんな方の救いになれば幸いです。

そして奥様は温かい目で見守ってあげて下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんはなぜ泣く

ある程度の成長をしたら人は会話ができます。

ご存知の通り、赤ちゃんは会話ができません。

ハラペコでも、おしっこ・ウンチがでても、眠たくても、不安でも。

泣くことが赤ちゃんの意思表現です。

決してパパを困らせるために泣いているわけじゃないんです。

抱っこのコツ

新米パパとして最初に覚えることは抱っこです。

我が子は可愛い。そりゃそうです。

でもどうやって抱きかかえればいいのか、さわったら壊れそうなほど

小さな体ですから不安ですよね。でもやってみたら意外と大丈夫です。

注意点は「首と腰をしっかりと支える」「激しくゆらさない」の2つです。

まだ産まれてすぐは不安定なためグラグラして危ないですから、これだけは覚えておきましょう。

では抱っこのコツですが、

①頭の向き

子どもによって好みが後々でてきますが、慣れていない方は右向き・左向きどちらでもいいのでやりやすい方で練習しましょう。どちらがしっくりくるかは奥さんか助産師さんに一度のせてもらうといいですね。僕は左に頭がくるようにしか抱けませんでしたが、やっていくうちに両方できるようになりました。

②自分の心臓に頭を近づける

二の腕に頭をのせ、赤ちゃんのほっぺや耳が自分の心臓のところにあたるように寄せましょう。赤ちゃんは心臓の音を聞くと落ち着くので体に密着してあげて下さい。

③逆の手のまわし方

頭ののっている腕はおしりの方へ伸ばしてそえるんですが、反対の腕は赤ちゃんの両足におおいかぶせ、赤ちゃんと自分の体に当たっている側の脇腹の方へ巻き込みます。ヒジ付近に赤ちゃんのおしりを当てるイメージです。

④腕だけじゃなく腰で抱く

確かに赤ちゃんを抱くって腕を使うんですが、不安定な抱っこは赤ちゃんが落ち着けません。腰で抱くイメージでやれば安定感が生まれ安心できます。赤ちゃんってすごいんです。こっちの不安も読み取ってしまうんです。僕は「寝ていたのに泣き出した!うわぁぁあ、どうしよぉぉおぉ」って最初はテンパりました(笑)なぜ泣き出したかわからないとパニックかもしれませんが、落ち着いて抱いて下さい。

父親になるには

ブログ写真

1人目の子どものときって特にわからないことだらけです。

だいたいの方は仕事に行っており、朝と夜の少しの時間しか一緒にいれません。

当然かかわる時間やタイミングでは、奥さんより知識や経験は身につけにくいです。

でも少しずつでもかかわっていくことが大切です。

結局、泣くときは泣くんです。

その時に何をすればいいかは、赤ちゃんが自然と教えてくれます。

父親って自覚と経験は赤ちゃんが成長させてくれるんだと思います。

だから、たくさん抱っこしてあげて下さい。

まとめ

さぁもうすぐパパになる。名前も考えた。

あとはあなたが何をしてあげられるか。

抱っこして、抱っこして、抱きまくって下さい。

「向き・心臓・腕・腰」この4つのコツを抱っこチャレンジしながら

しっくりくる感じをつかみ自分の腕の中で眠る赤ちゃんをニヤニヤしながら眺めて幸せを感じて下さい。

おまけ

もしも、この記事をママさん方が読んでいたら

「なんだ、こんなの当たり前だ」「コツとも言えない」って思うかもしれません。

そこでお願いがあります。

中には例外になる旦那さんもいるかもしれませんが、ほとんどの旦那さんが

父親になろうとしているタイミングです。

このときは抱っこだけに限らず、育児に関して何もできなくていいとは思っていないはずです。

どんどんチャレンジするチャンスをあげて下さい。少しでもほめてあげて下さい。

ママさんだって家事や育児、仕事で忙しいかもしれません。

ほめることがめんどくさいかもしれません。

男って単純なだけに面倒なんです。一言でもいいのでお願いしますね。

育児
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~