[解決]もらうと絶対嬉しい出産祝いは何か?

ブログ写真 育児
スポンサーリンク

こんにちは!!3児の父親、タップです。

20・30代に入るとお祝い事が一気に増えますね。

周りの友達などが結婚や出産など幸せの報告にほっこりします。

お祝いでご祝儀やプレゼントを渡したりする機会も増えますから

せっかくだからお祝い渡しても喜んでほしい。

今回は「出産」のお祝いについてお伝えします。

ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク

お祝い=現金は間違いではない

ブログ写真

お祝いとして渡すには現実的であり、何にでも使ってもらえます。

出産祝いの袋でもかわいい種類のものがたくさんありますから渡すときには袋には少しこだわってあげるといいですね。

金額相場は

親 →3~5万円(初孫だと盛り上がって10万以上)もらうことが多い
兄弟→1~3万円
親戚→5000円(親しい間柄なら1万円)
友人→5000~1万円
上司・部下→ほとんどが部署で1人1000円程度を出し合ってまとめる

※4や9は不吉なんで気をつけること!!

現金の準備のときにはお祝い事なんで新札を銀行や郵便局で用意しましょう。

現金だけは味気ない

現金って万能である分、少し温かみにかけます。

お祝いはあくまで気持ちなので必ずしも現金でないといけないわけではありません。

そこで、今までもらって嬉しかった・助かったものをご紹介します。

①ヨダレかけ(スタイ)
値段は安価でプラスワンの贈り物としては非常に渡しやすいプレゼントです。
赤ちゃんのときにはたくさんあって困らないんですよ。
むしろ急に汚れたり、洗濯などを考えるとそこそこ数があると助かります。
性別を気にせず渡せるデザインのものもたくさんあるため渡す方もあまり悩まずに選べますよ。

②おしりふき
僕はこれが1番助かったと思ってます。
1日にかなりの量を使いますし、おしりだけでなく手や口にも使えるため
利便性はかなり高いです。
産まれてすぐのころなんて特にオムツをかえたり、ミルクで口が汚れたりすぐなくなります。
ある程度、子どもが大きくなっても使えるため非常にありがたいです。

③商品券
赤ちゃん用品などの専門店の商品券もうれしいですね。
現金だといろいろなものに使えるため、必ずしも赤ちゃんのためにならないこともありました。
専門店の商品券だと必ず赤ちゃんのために使えるしベビー用品(母子手帳ケースやオムツなど)を買うことも多々あるので100%赤ちゃんのために使ってもらえます。

④タオル類
うちの妻は赤ちゃん専用タオルとか準備してました。
洗濯も赤ちゃんと大人ではわけてやってたので新品のベビー用だともらってうれしいです。
家族が増えるので枚数が増えても困りませんからバスタオル1枚でも十分だと思います。

渡すのに注意するもの

お祝いは気持ちだといいましたが、逆にもらって困るものもありました。

もしも、これらのものを渡すときには注意しましょう。

①オムツ
赤ちゃんのときって確かにオムツを大量に使うんですがサイズとか大丈夫?
正直メーカーによって肌に合う、合わないもあります。
病院によっても使ってるオムツのメーカーが違うのでもし渡すなら気をつけましょう。

②哺乳瓶
ほとんどの方は殺菌して使いまわしするので数はそんなにいりません。
哺乳瓶の場合、赤ちゃんによって吸い口部分の形に良し悪しがあるので選択肢としては難しいですね。

③衣服
赤ちゃんの身長にもよりますね。
サイズが違うと着れません。また性別だけでなく、これは親の好みもあります。
もしも、あなたが「この柄はちょっと」って思う衣服をもらったら
きっとタンスの奥に眠ります。
僕はがっつりヒョウ柄の服をもらって悪いとは思ったんですが、タンスに眠らせました。

④粉ミルク
母乳をあげるのであれば、当分使いません。
またお祝いでめちゃくちゃ高い粉ミルクとかもらっても
あとでその商品を買うことはまずないですし、その粉ミルクしか赤ちゃんが飲まなくなったら困ります(笑)
これは親が選ぶ方がいいでしょうね。
一般的な粉ミルクでオススメがあっても渡すのはやめておきましょう。

⑤おもちゃ
いろいろなベビー用のおもちゃがありますが自分たちで買うか
おじいちゃんやおばあちゃんが買ってくれたりします。
早い方だと出産前に準備してたりもします。
おもちゃが大量にあっても困りますから、やめましょう。
もし、身内の方で購入の検討をしているのであれば一緒に買いにいくのが無難です。

渡すタイミング

出産祝いなんでもちろん出産してから渡しますが

赤ちゃんやお母さんに会いにいくタイミングは気をつけてあげて下さい。

出産直後や里帰り中に押しかけても負担になってしまいます。

お祝いは渡す相手が落ち着いてからにするか、旦那さんや家族に渡すと負担も少なく助かりますね。

まとめ

ブログ写真
これから幸せが増えるお祝いをしたいし、まわりから祝福されるとうれしいです。

お祝いは気持ちですから「おめでとう」と伝えましょう。

せっかくのお祝いだし、ちょっとプラスワンなんてシャレてますよね!!

ぜひ試してみて下さい(笑)

相手を思って渡せばきっと喜んでもらえるはずですが、出産はとても大変なことです。

僕は立ち合い出産でみていて壮絶でした。

ママと赤ちゃんが体力も気力もしっかり回復していく段階でのお祝いなんでマナーをもってお祝いしましょう。

育児
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~