「戸建」要注意!気密・断熱性を求めると起きる問題点と解決策

ブログ写真 住宅
スポンサーリンク

夏は暑い!冬は寒い!

年中もっと快適な空間がほしい。

最近、戸建を購入した方や

これから購入予定の方、検討中の方など

たくさん悩むことがあったはず。

今も悩んでる方はぜひ参考にして下さいね。

もう工事半ばの方は、、、参考にならないかも

今回は僕が業者と間取り決めのときに

「たまたま」知った1番の問題点をお伝えします!

そしてダメもとでやった交渉内容も少しご紹介します!

スポンサーリンク

気密・断熱の役割

気密性・断熱性ってよく聞く言葉だし、

家を購入する意識が高まると必ず考えることの1つです。

そもそも、そんなに重要なのか?

めちゃくちゃ重要です。

気密・断熱性の役割はこの性能が高いと

外気の影響をうけにくく快適な空間を作ることができます。

外気の影響をうけにくいことは

室内のカビや結露の発生を押さえることができるし、

それらの発生が減るということは

壁やクロスなどメンテナンスが楽になりますね。

=ランニングコストを押さえることができるんです。

近年増えている災害時のライフライン復旧までの間でも

その効果を発揮します。

真冬にライフラインが止まったら凍えて死んでしまうかも。

そんな不安も軽減されますから安心感があります。

僕が家を購入のときに考えた気密・断熱性のポイントはこちら

①断熱材

②窓

③換気

これを強化するだけでグ~ンと気密・断熱性が高まります。

どうすれば性能が上がる?

家を購入する方の大半は素人。

当然、僕もド素人です。

ハウスメーカーにいって説明をうけても

「・・・?・・・なるほど(。-_-。)」

ってわかったような、わからないような。

いろいろな展示場で説明を受けても

本当にいいのか理解するまでわかりませんでした。

そこで知り合いの建築関係者にいろいろと相談したところ

「断熱はケチったらダメ」と言われたんです。

高い買い物でなるべく安くしたいって思っても

断熱はケチるべきではないんだとさ!

断熱材はグラスウールと吹き付け断熱の2つが主流です。

ちなみに吹き付け断熱の方がお値段は上がります。

我が家は

「ツーバイフォー工法」×「吹き付け断熱」

このダブルパンチで今は超快適な空間となっております。

これの2つを取り入れることで

かなりの気密・断熱性は向上します。

そのおかげでエアコンなどをフル稼働しても

電気代は月平均で12000円ほど

夏や冬の電気代もオール電化にしては安い方ではないでしょうか?

求めたことでの問題点

気密性、断熱性を求めたことによって

問題が出てくることがあるなんて考えもしませんでした。

僕はたまたまハウスメーカーの方に

たまたま事例があったので教えてもらえて助かりました。

その中で1番の問題点は「換気」でした。

このご時世ですから

だいたい共働きですよね。

ということは日中はほぼ家に人がいないことになります。

じゃぁ夜に窓開けて換気する?

しないですよね~(笑)

夜に窓開けてたら

夏だと虫が入ってくることもあるし、

冬だと寒いし、

いつ換気するんや!って感じです。

気密・断熱性が高い家で換気を怠るとどうなるか

結論!空気が悪く、カビが発生!

壁紙やクローゼット、押し入れに

、、、カビ

いや、ショックです。

高いお金を払って建てたのにこんなことになるなんて。

そうなると手遅れです。

たまたま教えてもらった問題の発生が

近隣で発生してたみたいで、

しかも我が家と同じツーバイフォー工法でした。

※吹き付け断熱ではなかったようです。

引き渡し2ヶ月で押し入れのクロス(壁紙)にカビが発生。

早くない?どんだけ気密性いいの?

我が家はさらに吹き付け断熱ですから

家がカビだらけになるのでは?

という不安に襲われました。

「今日家に行っていい?」

「いいけどキノコ栽培なうよ」

そんな会話イヤだ!

解決方法は?

正直なところハウスメーカーの方に

早く教えとけよ!もう銀行手続きやってんじゃん

という殺意に近い怒りがありましたが、

冷静に対策を考えているとあることを思い出したんです。

「24時間熱交換換気システム」

このチラシをハウスメーカーでもらってたんです。

おお!これだ!

ハウスメーカーへ連絡し

タップ「今さらそんなカビが発生するかもとか言われても~。」

タップ「もっと早く教えてよ。なんとかしてよ~。」

タップ「24時間の換気システムとかさ~。」

っていってたら

業者「誠に申し訳ございません。」

業者「本社と相談させて下さい。こちらも全力で対策考えます。」

という会話になりました。

その結果

業者「タップ様!本社で稟議通りました。」

タップ「お!ま、まさか?」

業者「24時間換気システムOKです。その分の代金は0円です!」

・・・神様ありがとう!(*-ω人)

事例が上がってなかったのか知りませんが

対応してもらえてよかった。

24時間自動換気システムのお値段は家の規模にもよりますが

我が家で50万円ほどです。ラッキー

そして棚からぼたもち

そのシステムを入れることにより

1階の天井高が15センチほど高くなると言われました。

リッチなリビングになる(笑)

☆24時間換気システムの効果☆

①人がいなくても勝手に換気

②月の電気代金は約500~700円ほど

※家の規模にもよる

③フィルターで花粉とPM2.5を激減

④ニオイがこもらない

⑤エアコンを同時に使っても平気  などなど

業者への殺意が感謝に変わった瞬間でした。

まとめ

気密・断熱性はとても重要な項目です。

ここを怠ると住みはじめてから大変なことになります。

また電気代にもゆくゆくは影響がでます。

カビなどの発生で修理などにお金をかけていたら

安く買い物しても意味ないですよ。

今後のためにもぜひ

24時間の換気システムを取り入れて下さい。

我が家は引き渡しされてから

ほとんど窓をあけることがありません。

住宅
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~