「新築・戸建」絶対後悔しない妻に喜ばれた脱衣・洗面室の作り方

住宅
スポンサーリンク

実家やマンションに住んでいた頃

風呂に入るときによく思っていました。

狭い!物であふれている!

根本的に狭いので収納が下手とかではない。

妻からしたら

「しかたない」って思ってしまう場所の1つですね。

これから家を購入・検討している

そんな奥様必見です!

我が家の作りは僕も含め家事・育児に優しい作りになっているので

ご紹介しますね!(/▽\)♪サンコーニシテネ

スポンサーリンク

脱衣・洗面室を広く

風呂・洗濯などで日常生活で毎日必ず使う場所の1つ。

実家やマンションを想像して下さい。

狭くって思ったことありません?

・洗濯してたらもので溢れ

・子どものハミガキするのにも1人ずつ

・買い置きしたものは丸裸で保管 などなど

あまり考えずに家を建てる(借りる)と住み始めてから

いろいろ後悔します。

誰かを宿泊させると生活感が満載で

恥ずかしいと思うこともあるでしょうね。

脱衣・洗面室は一般的に1坪(2畳)で間取りを作られることが多いようです。

コンパクトな分、掃除が楽だという声もあるみたいですが

僕はそんな脱衣・洗面室を思いきって

1.25坪(3畳)の広さで建てることにしたんです。
ブログ写真

家事・育児に優しい作り

広い脱衣・洗面室の快適さは

実家やマンションではわからないことだらけ。

使用用途に応じてストレスが少なく

広くしてよかったととても満足しています。

洗濯

これが1番快適!!

生活する人数で洗濯の量は増えますよね。

広くすることで大量の洗濯物があっても

十分な作業スペースが確保できます。

また雨の日には物干しスペースで大活躍です。

我が家は5人(子どもが3人)ですが

洗濯物が2回分(約16kg)ほどあります。

この量をコインランドリーに持って行くのは大変、、、

部屋に干すにしても邪魔だしニオイも出る。

そんな悩みも吹き飛ばす使い勝手です。

浴室まで入れると物干し竿2~3本分干せるので

1日の洗濯物は解決できています。

急な雨でも大丈夫!

物干し竿が邪魔だと思う方はpidなどの

室内干しワイヤー(収納可能)をつけるといいですね。

我が家はpidを設置してます。

物干し竿の設置の手間もなく引っ張って固定するだけなんで

とても便利です。

入浴時

子どもが小さいうちは動き回りますよね。

僕の子どもなんで素っ裸で踊ってます。

狭いと裸でクラブ状態(笑)

特に夏は狭いと暑さが増すため広くしたことで解消。

子どもの体を拭いたり、着替えたりも

スペースがあるため風呂上がりもスムーズです。

脱走することもないので廊下がびしょ濡れになりません。

収納

我が家は棚を2つ&三面鏡の洗面台を設置してもますが、それでも十分に広い。

バスタオルやパジャマ・下着も棚にしまえるため

生活感が溢れることを防げています。

季節ものは棚の上にケースでまとめておけば

衣替えや急な気温の変化もすぐ対応できますよ。

また、買い置きや引き出物などの洗剤や化粧品、タオルなども

全て洗面台の近くに収納しているため別の場所へ収納しないでいい。

朝の支度も楽にできます。

妻が机に化粧品、ドライヤー、ヘアアイロンなどを

散乱させることもなくなり、気に入ってくれています。

ま、これも広くした理由ですけどね(笑)

子どもとハミガキ

子ども3人のハミガキって体験したら大変なんです。

狭いと1人ずつなので面倒だし、ハミガキしてたら

洗面台は占領されます。

子どもが終わるまで侵入不可能!

僕がハミガキをしてあげるときでも洗面台の前が広いと

みんな一緒にできるスペースがため

待ちくたびれることはありませんし、

妻は隣でドライヤーをブンブンやれています。

こんな時ストレス

ただ広くすることで2つ問題があります。

水垢や体毛などが散乱するんで掃除が少し面倒です。

でも我が家は共働きなこともあり、

掃除を必ず毎日するわけではないので

たまにするから面倒だと感じるのかな

って思います。

気合い入れて掃除するのも

誰か宿泊しにくるときや年末、数ヵ月に1回なんで

広くても後悔はありません。

姑さんや夫がそのへんのことをうるさく言われると

大変にはなるかもしれませんがね(笑)

もう1つは使い勝手がいいせいか

僕の妻は夜でも洗濯を干していることがたまにあります。

浴室まで干していると風呂に入りにくい状態。

違う場合に洗濯物を寄せればいいんですが、

これは・・・pid増設か?(笑)
ブログ写真

夫も子ども使いやすいように

家事・育児ってこの時代はお互いやって当たり前。

戸建てなら掃除はマンションの数倍大変です。

夫や子どもが参加してもストレスが大きいと

いずれはやらなくなるでしょう。

それはできれば避けたい。

ならば毎日必ず使う場所は

使い勝手をよくし、少しゆとりを持たせるといいでしょう。

まとめ

脱衣・洗面室は1.25坪(3畳)あれば快適です。

収納・作業スペースとして十分。

夫や子どもと狭いクラブ状態から解放されましょう。

毎日必ず使う場所だからこそ

自分も家族も快適であることが重要です。

特に洗濯なんて家事の中でも最大の作業量ですよね。

晴れの日も、雨の日も

洗濯物に困る日常から脱出して下さい。

住宅
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
こっそりtapのブログ