「戸建・注文住宅」健康な家作りはストレスを減らすことは生活そのものが変わる!!

ブログ写真 住宅
スポンサーリンク

これから家を建てる方(注文住宅)は

よく考えて建てて下さい。

今後、死ぬまで生活する家ですからね。

健康的な生活を送れる家がいいですよ。

さてさて

今回は僕タップが注文住宅を建てるときに意識していた

「健康な家」について5つご紹介します。

本当はたくさん伝えたいことがあるんですが、今回はこれだけ!

結論から伝えるとストレスが少ない家

使う素材や薬剤の話は一切ありませんのでご了承下さい(笑)

スポンサーリンク

生活の中でのストレス

生活の中でも家で過ごすときのストレスって

ちょっとしたことが積もりますね。

「あぁ、もう、なんでやねん」

「チッ(・ε・` )」

って舌打ちすることもしばしば。

僕がマンションに住んでいたときには

①寒い・暑い

②ベランダが狭い

③廊下をUターンすること

④コンセントが少ない

⑤壁が薄い

この5つはよく体験してました。

そのストレスはいつか違う形や人に爆発する危険物。

これはどうにかならんのか

戸建てを買ったらこんなストレスとはサヨナラだ!
ブログ写真

解消できるのか?

解消できることもあるんですが、

全て解消するのは資金的にも想像的にも無理です。

とりあえず間取りや予算は置いといて

想像して下さい。

今あなたがストレスに感じることをできる限り書き出しましょう。

それらはハウスメーカーに伝えればある程度は

軽減される設計で作ってくれます。

その間取りで生活を想像しましょう。

「ドアの開く方向はこれでいいのか?」

「主寝室の場所はここでいいのか?」など

それらの想像できる問題をいかに潰せるか

これが家でのストレスを減らすキーポイントになります。

想像するのって案外むずかしいんで

Googleで「新築 間取り 困る」などで検索して

助けてもらいましょう!

ストレスを減らすアイデア

では僕の選んだ5つのストレスを解消したアイデアのご紹介です。

少々、お金がかかるものもありますが

考え方の1つとして参考にして下さい。

暑い・寒い

マンションでは特にですが

部屋が狭く、換気機能も弱いため夏場は熱がこもります。

冬は壁や窓サッシから冷気が入りキンキンに冷えたビールのようです。

そこで解消方法としては

・窓などのサッシを樹脂

・断熱をグラスウールではなく吹き付け断熱にする+ツーバイフォー工法

これが効果的でしょう。

家を建て住み始めた最初の夏場はエアコンがよく効きます。

28℃設定でも気密性がいいので快適でした。

暑さ・寒さ対策 → htpps://koso-tap.com/ie-8

ベランダ

バルコニー?ベランダ?

ここでは呼び名はどっちでもいいのでベランダにします。

ベランダは広くすればするほど、値段が上がりますから注意が必要です。

僕がベランダのストレスを感じたのは

マンションとかだと狭いため一度に干せる洗濯量が少ないこと。

というわけでお金と相談した結果

長く、奥行狭くにしたんです。

布団(シングル)4枚と物干し竿2本×2列

一撃でこれだけ干せるので手間が少なく楽してます。

また、奥行が狭いので片足出したら布団を取り込める。

サンダルに履き替えることすらしなくてOK!

廊下をUターン

この記事で共感してほしい1番のストレス。

僕は廊下でUターンが嫌いです。

例えるなら

「さて風呂にいこーか」

「あ!・・・下着持ってくるの忘れた」

取りに戻らねば→Uターン

「チッ(・ε・` )」

みたいな(笑)

目的地へ向かっているときに引き返すってストレス感じませんか?

なので階段を家の真ん中に設置して1階はぐるぐる周回できるようにしたんです。

行きたいところへ最短でいける。

廊下が長いと部屋が狭くなるかなと思いましたが、

思ったほどではないので行きたいところへ

スイスイ~といけるストレスフリーはこの間取りで正解でした。

ここだけ見ると

どんだけ動きたくないヤツだと思われますかね♪

コンセント

これは生活の中でもよく体験しますよね。

掃除機や携帯充電、模様替えなど

さまざまな場面で発生率の高いストレスです。

TVアンテナや電話線はコンセントの位置でほぼ固定されます。

本当はこっちに置きたかったなんていっても

ほとんどの人があきらめてしまい

後々、増設する人は少ないです。

また家電を使うときにマンションだとブレーカーが落ちたりもよくありました。

ここでオススメなのが回路を単独にすること。

我が家は冷蔵庫、レンジ、トースター、炊飯器、ケトルなど

キッチンに二口のコンセントが計5箇所ありますが全て単独です。

当然リビングとも別回路!

先日のことですが

・晩御飯の支度をしながら米を炊き

・ケトルでお湯を沸かし

・レンジで解凍のためチンしまくり

・小腹が好いたのでトースターでピザを温めつまみ食い

一度にこれだけ使ってもブレーカーが落ちることはない!

主婦(主夫)にはうれしい設備となっています。

コンセントはめちゃくちゃ調べましたが

ありすぎてもいいですのでしっかり付けましょう。

マンションなら隣人の生活音が壁の向こうから聞こえてくる。

そんな体験をしたことある方は多いはず。

自分以外の生活音ってかなりの違和感を感じるし、

夜中にいびきや営みの音なんて特に気になってしまいます。

当然、向こうが聞こえるということは・・・

こちらの音も聞こえているということ。

万が一、夜中の営みなんて聞こえていたら・・・気まずい

壁に関してはマンションだけの問題でもない。

戸建てでも間取りの配置を失敗すると

子ども部屋に丸聞こえなんてことも・・・

・・・なんか営み気にしすぎ?でも大切でしょ(笑)

この問題の解消方法は主寝室と子ども部屋は

廊下を挟んだり、1階2階でわけると軽減につながりますよ。

まとめ

ブログ写真
ストレスがこの世から無くなること

または全てのストレスが解消されること

そんなことは無理です。

3回家を建てれば理想の家ができるとか聞きますが

そんな金も時間もないもんねー(笑)

ですが、日々の生活で体験するストレス&あらかじめ想像できるストレスは

アイデア1つで対応・対策が可能です。

家で1日の2/3の時間を過ごすんですから

出来る限りのストレスを減らしておくことで

人生での健康を手に入れることができます。

住宅
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~