[新築・戸建て必見]住宅展示場で営業マン探しの重要性と必要なこと

ブログ写真 住宅
スポンサーリンク

実は、僕は2018年に家を建てたんです。

今のところ快適に過ごせていますが、ここまでの道のりは長かったです。

あなたは家を建てるときに何が重要だと思っていますか?

金額はもちろん、家の作りやメーカーの信頼度などさまざまでしょう。

これらのことも、もちろん大切です。

しかし、営業マンについてはあまり考えていない方が多いですね。

実は営業マンってめちゃくちゃ重要です。

ここでは

・家を建てる、買うなどを検討中の方
・住宅展示場に行ってみようとしている方
・注文住宅にしたいがよくわからない方

そんな方に知ってほしい「営業マン」の重要性とあなたに必要なことについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

住宅展示場って

CMなどでも見ることあると思いますが、お住いの地域または近隣に住宅展示場って結構ありますよね。

住宅展示場って、最近はきゅうじつの子どものイベント目的でいく人も増えていますが

根本的には家の購入を考えている人がいく場所です。

いく人の中には「接客されるのがイヤだ」「買わされそう」と考える人も多いですが

家は人生で最大の買い物といっても過言ではないため、いったからといって買わなくても大丈夫です。

また、ハウスメーカーも買う気のある人や悩んでいる人との関わり方には慎重です。

工場見学や博物館にいくと思って気楽に足を運んでみて下さい。まずは通うこと!

僕なんて見学に慣れていなかったんで、最初は緊張しました。

その日に何を見たかまでいまいち覚えていませんでした。

展示場で何するか

実際にいって何をするか、いかないとわからないので妄想ばかりがふくらみますね。

展示場には複数のハウスメーカーがあります。

各ハウスメーカーが強みを武器に

「うちで家を建てたらこんなことできますよ」

とアピールしています。

我が家もいくつかの展示場・ハウスメーカーに足を運んで家を購入しました。

家の構造や間取りの取り方、オプションサービスと

たくさんの情報・知識を身につける環境となっているため、いくだけでも勉強になります。

また、ハウスメーカーは不動産ともつながっているので

家を建てる場所(土地)の情報も結構あったりします。

土地を探している方もいってみる価値がありますね。

特にこれから家の購入に向けて準備していく方は住宅展示場へまずいくことをおすすめします。

営業マンの重要性

ブログ写真

展示場へいくと営業マンがいます。

当然、お客様が何か質問があったときにすぐに答えるため一緒についてくることが多いです。

土日のイベント中だとお客様1人ひとりに営業マンがつくことが難しいため

本当に買うなら平日かイベントのない土日を狙っていきましょう。

そして家の購入を検討されているあなた!

接客されるタイミングが肝心です。

だいたいの展示場ではあなたに最初についた営業マンが今後の担当になります。

今後、失敗しないためにもできる限り会話はして下さい。

一旦、家のことは忘れてあなたについた営業マンがどんな人か観察しましょう。

新人 or ベテラン
受け身 or 攻めてくる
優しそう or 怖そう など

営業マンにもいろいろなタイプがいます。

あなたについた営業マンがもし自分にとって合わなそうな人なら、その場は立ち去るべきです。

どんなに大手のハウスメーカーの営業マンでも今後の家づくりに特に関わる1人になります。

あなたが「この人なら安心」って営業マンに出会わなければ満足のいく家には近づけないですよ。

では「お気に入りのハウスメーカーがある」「そこでついた担当が合わない」

そんな場合にどうするか3つの方法をお伝えします。

①違う展示場に同じハウスメーカーがあるならそこにいく

違う展示場だけどその担当がやってくれることがあります。
営業マンも成績とるのに必死だし、会社も売上とるのに必死ですから少々の無理を聞いてもらえる可能性があります。

②お気に入りのハウスメーカーの営業所へいく

①と同じ理由です。
もしいえるなら「△△展示場の担当の□□さんが苦手なんで担当替えしてもらえませんか?」って伝えてみるのもいいでしょう。

③展示場で苦手な担当がいない日を狙っていく

この方法は時間がかかりますが、まだ買うと伝えていないならやってみる価値ありです。
「▲▲さんが担当してくれるなら検討してみようかな」と伝えれば喜んでやってくれるはずです。

家づくりに1番関わるのはあなたと営業マンです。これは間違いありません。

あなたに絶対に必要なこと

ブログ写真

家は大きな買い物ですから、あなたの意見をはっきり伝えること。

これは絶対に必要なことです。

クレーマーにまで発展しては問題ですが、相手が人である限り必ず感情が入ってきます。

大きな買い物ななるほど感情で流されない強い気持ちが必要です。

ダメなものはダメといえる心を持ちましょうね。

手に入れるのは家ですが、背負うのは借金(住宅ローン)です。

超絶大富豪でない限り「ま、いっか」と終わらせていたらいけません。

ダメといえなくて、あとで納得いかなくてもそれはあなたに問題があります。

まとめ

住宅展示場は何度でも通いましょう。

そしてあなたに合った営業マンを探し出してください。

これはあなたの理想とする家を手に入れるために必要不可欠なことです。

自分の意見を伝えれる相手がいることは安心感もあり、家づくりの重要なことです。

相手に意見を伝えるのが苦手な方は夫や妻であるパートナーの力を借りて

一緒に素敵なマイホームを手に入れて下さい。

住宅
スポンサーリンク
シェアする
tapをフォローする
カルテットキッズ~パパのブログ~